移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
宇江木リカルド作品集
     詩集「反転の幻想」  (最終更新日 : 2003/05/23)
幕間のつぶやき

幕間のつぶやき (2003/05/23) 身につまされる貧しさも
心よじれる苦しさも
神経がしびれる辛さも
すべては戲作者の舞台装置
富のなかで心満たされ
にやにやしていては
怒りが湧かない
精神が煮えたぎらない
凝結し高揚し爆発する
狂気を持てない
さあ いまこそ
刃の欠けた剣を振りかざし
痩せ馬に跨がって
襤褸を着飾り
なりふり構わず
自己満足で充満する
わが才能に
貧しい想像力を上塗りして
縦横無尽に迸しらせるとき
句読点を一切無視して
立て板に水を流した語り口
どんでん返しの用意もできた
あっといわせる台本も上がった
背景も塗りたくった
演出も私がやろう
主役はとうぜん私の役
配役の心配はいらない
出たがり屋がわんさといる
客席のほうまで溢れている
客席のほうはからっぽだ
おおいみんな幕が上がるぞ
おい ばか なにしてんだよ
観客を動員しろ
一人芝居をやらせる気か
黒子ばかりがうろうろしている
なんだ
まだ
幕間だったの


前のページへ / 上へ / 次のページへ

Ricardo Osamu Ueki :  
Caixa Postal, 73, Maua, Cep:09310-971, São Paulo, Brasil
© Copyright 2019 Ricardo Osamu Ueki. All rights reserved.