移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
宇江木リカルド作品集
     詩集「反転の幻想」  (最終更新日 : 2003/05/23)
最後に

最後に (2003/05/23) おまえの詩は
冗舌詩だと決定づけられた

俺はそれを是認する

俺は元来無口で口下手なんだ
だから詩を書くとき
つい筆が走って冗舌になる

俺の冗舌は冗談だよ
本気になんぞしないでほしい

広大無辺のブラジルにきて
ほんの一握りほどの日本人社会が
我田引水の独善のなかで
微温湯に浸かっているのがおかしくて
ちょっと石ころ投げ込んで
波紋の広がるのを面白がっただけ
それでもし人が騒ぐのなら
悪戯をした効果があったのだから
俺の詩も捨てたもんじゃないなと
北叟笑むことにする

人の顔色窺いながら
飼い馴らされた犬の目をして
臆病そうに吠えたてるくらいなら
月に向かって吠えているほうがなんぼかましや
それとも横着かまして寝ているほうがええやろう
だから俺は卑猥なところを開陳するかわりに
遠慮なく独り善がりの冗舌詩を開陳する


前のページへ / 上へ / 次のページへ

Ricardo Osamu Ueki :  
Caixa Postal, 73, Maua, Cep:09310-971, São Paulo, Brasil
© Copyright 2019 Ricardo Osamu Ueki. All rights reserved.