移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
宇江木リカルド作品集
     詩集「吼えろ! 雄鶏」  (最終更新日 : 2003/05/23)
はじめに

はじめに (2003/05/23) 大層がって時間をかけて
言葉を探し置き換えて
ことばの遊びをするために
詩というものがあるんじゃない

俺はその気にさえなれば
数分のうちに数篇の詩を書く
推敲に脂汗をたらたら垂れることもなく
鼻歌まじりに吐き出す文句は
機関銃より早く
鋼鉄を射抜く威力を持つ
後先なんぞはどうでもいい
一気呵成に書きまくる
詩句は飛ぶ弾丸だ
鮮血の祭りだ

詩は飛ぶ弾の羅列だ
弾道は固体の連続ではない
肉眼に視えない気体の連鎖だ
詩は心で書くんだから
詩は心で読んでくれ
いっしゅんにして億万年を駆け抜ける
目に見えないものは無だ
無のなかにあるものを視ようとしても無駄なこと
いっしゅんにして摩天楼を建て
いっしゅんにして世界を把握し
いっしゅんにして宇宙を一巡する

詩は真理を抉り取る両刃の劒だ
真っ向から叩きつけ
燕返しに斬り払う自在な武器だ
垂直に断ち切り
水平に走り
反転し
変幻し
反逆の行為となる
真理を追求するものに苦痛は伴う
水が高いほうへ向かって流れる
人間社会の歪みのなかを
軋みながら擦り抜けるのだから

俺の銃口は八つ当りだ
容赦なんぞというものはない
どちらへ向かって火を吐くか
俺にもわからん
そちらで気をつけろ
いったん飛び出した弾丸に
俺は責任負わないぞ
腐肉を貫き
悪臭放つ血を迸しらせる

詩は飛ぶ弾丸だ
詩は鮮血の飛沫だ
飛んで行ってしまったものを
元になんぞ戻せるものか


上へ / 次のページへ

Ricardo Osamu Ueki :  
Caixa Postal, 73, Maua, Cep:09310-971, São Paulo, Brasil
© Copyright 2019 Ricardo Osamu Ueki. All rights reserved.