移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/05/07)
3月15日(月)の記 緊急事態の街かど

3月15日(月)の記 緊急事態の街かど (2021/03/15) 緊急事態の街かど
ブラジルにて


COVID-19発生以来の最悪の感染・死亡状況を受けて、サンパウロ州では今日から15日間、緊急事態フェーズに突入。
諸々の営業や活動はこれまで以上にさらに厳しい制限、あるいは禁止となる。

…とりあえずWEB上のたまった作業を手掛ける。

午後、意を決して外回り。
大通りはシャッターを下ろした店が多く、人通り、自動車の交通量も通常の半分から3分の一ぐらいといったところか。

発生以来最悪、そしてブラジルが世界最悪の状況というニュースが伝わり、さすがにビビる向きが少なくないか。
もっとも、これはサンパウロ市のほんのわずかな場所でのわずかな時間の観察からの感想。

午後は午後で日差しが強く、町なかでは思わぬものの影が入り込んだりして、グラフィティのスナップ撮りも容易ではない。
グラフィティの描かれた民家のおじさんと、少しおしゃべり。
よく聞き取れないが、深追いは見合わせる。

せっかく撮らせてもらった塀のグラフィティの写真も、チェックするとコントラストが強すぎていただけない。
いずれまた撮らせてもらうか。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.