移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/05/16)
3月25日(木)の記 サンパウロの三すくみ

3月25日(木)の記 サンパウロの三すくみ (2021/03/25) サンパウロの三すくみ
ブラジルにて


ブラジルのコロナウイルスによる死者数は30万人を超えた。
一日に新たに9万人を超える感染者。

外出をひるませる三大障害。

まず、コロナウイルス感染者の蔓延。

次に、医療崩壊。
市内の動きは通常の平日の半分以下といった感じ。
いっぽう無謀な自動車・バイク・自転車の暴走が普段より多い。
こんなのにぶつけられても、救急体制がままならない。

もう一つ、治安の悪化。
わが集合住宅のアヴェニーダ側の商店街はふたたびシャッター街となった。
それとともに路上生活者、ドラッグ使用者たちのたまり場と化している。
付近での強盗被害の報告も後を絶たない。

かといって家庭内での自宅待機/ホームワーク中の家族との衝突は避けたい。

今日はダイコンを求めて心当たりを5軒も回ってしまった。
昨日のオルガニック市で、ただならもらわないでもない、ぐらいのダイコンが1軒にだけあったのを想い出す。
消化器系の調子が悪いという家人に、冷しおろしそばをつくりたかった。
梅干をつぶして添えて。
して、好評。
やれやれ。

運動不足を言っている状況ではない。
グラフィティ採集は近場でお茶を濁す。

  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.