移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/05/16)
4月26日(月)の記 第四の大工

4月26日(月)の記 第四の大工 (2021/04/26) 第四の大工
ブラジルにて


処分しかねている書籍と資料類の置き場と整理、頭が痛い。
日本から担いできた大量の文庫本、新書本だけでもうまくコンパクトに収める方法はないものか。
…本棚とまでもいかない、簡単な置き場をつくってみることを考える。
板をコの字型にしたものを使って。

そのパーツをドシロートがアパートでこさえるのもむずかしい。
プロに頼んでみよう。
近所の家具製作所/木工所の所在をまずネットで調べて。
自分で歩いていて見つけたところもあるし。

簡単な図面をつくって、行ってみる。
…都合四軒、大工のハシゴ。

まず試しにひとつつくってみたいのだが、それがむずかしい。
まとまった数でなければやれない、というところが複数。
ちょいとした棚が買えるのではないかという高額な見積もり、しかも日数もかかるところも。
計画挫折か。
三軒まわって…かなり暗澹とした気分で、ちょっと離れた住宅街にある素朴な木工所まで歩いてみる。

ここはありものの素材を使って明日までにできるという。
お値段は、高い!と思ったところの3分の一以下。
まずは発注。
家人から複数はまわってみること、と言われていたが、確かに。

今日中にできるかも、とのことで帰宅してわくわく。
…午後から雨、もし電話があったら雨が止んだら取りにいくと言おうか。
けっきょく待ち電話きたらず。

夕方、先週はつながらなかったところに電話をすることはできたけれども。


  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.