移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     岡村淳アーカイヴス  (最終更新日 : 2016/10/26)
日本放送協会会長への質問状

日本放送協会会長への質問状 (2007/01/25) 日本放送協会会長への質問状

サンパウロ人文科学研究所理事
岡村淳

来年・2008年に控えたブラジル移民100周年をめぐって、当地ブラジルの日系社会でも盛り上がりを欠いていることは、例えばサンパウロ発行の日本語新聞あたりを開いてみれば明らかだろう。
移民の祖国日本では、ごく一部のブラジル関係者以外は移民100周年についてまったく知らず、かつどうでもいいことといってもよさそうだ。
しかしそれでもネタに乏しい日本の一部のマスコミから、移民100周年をめぐって私が理事を勤めるサンパウロ人文科学研究所にも問合せが入るようになって来た。

残念ながら、これまで日本のマスコミや研究者がブラジルの日本人移民および日系人の善意に付け込んで利用するだけ利用して、さらに犯罪的な仕打ちを行なって放置されている事態がいくつもあるのが事実である。

今後ともマスコミ・研究者といった日本の権威に弱い移民のコンプレックスに付け込んで同様の、あるいはさらに悪質な被害を被って、弱者が泣き寝入りを続ける訳にはいかない。そのため、公共メディアが隠蔽し続けるいくつかの事件を明らかにして、メディア側・研究者側の反省と善処をうながすと共に、読者の皆さんにも「明日はわが身」(被害者としてか、加害者としてかは問わないが)として参考にしていただきたい。

私自身が関わったNHK(日本放送協会)をめぐるいくつかの問題でも、先方は誠意を見せないどころか卑劣な手段を弄して事件の歪曲と揉み消しに励むばかりで、当方の告発を無視し続けているのが現状だ。

以下に掲げるNHKスタッフによる移民資料の持ち出し・横流し事件も、2005年に私がNHK宛に被害者の依頼を受けて私の個人名で抗議した際には、NHKは私に対して回答すらよこさなかった。
NHK側にまったく誠意がうかがえないため、私はこの事件をサンパウロの邦字新聞社2紙に伝えた。うち1紙・ニッケイ新聞が取り上げることになり、NHKは慌てて対応を行なうことになったが、触法の疑いもある事件の責任者も複数ルートへの持ち出し資料横流し疑惑も封印されたままである。
(拙サイト「岡村淳のオフレコ日記」中の「2005年7月の日記・7/14記 NHKふれあいプラザ宛」  http://www.100nen.com.br/ja/okajun/000085/20050801001206.cfm
および「緊急報告 NHK『ハルとナツ』の疑惑(1) http://www.100nen.com.br/ja/okajun/000051/20070121003069.cfm
参照)

今回は、上記のニッケイ新聞の報道でも明らかにされず、NHKが隠蔽し続ける以下の2点の深刻な問題を取り上げたい。

上記参照資料にあるとおり、NHKは1997年放送の「にんげんドキュメント」という番組でブラジル移民の植物学者・橋本梧郎先生を主人公とした。
その際、担当のNディレクター(現在は新潟NHKに所属しているとみられる)は橋本先生の日記類・蔵書類、およびNの依頼に応じて橋本先生が第三者から借り受けた16ミリフイルム等を借用書もリストも残さず、多量に持ち出した。
その後、橋本先生の意を受けた人たちの再三の返還要求にもNは応じようとしなった。
数年を経てこのことを知った在日本のフリージャーナリストがNHK本社に乗り込んで抗議をしたところ、持ち出し資料の一部が以下に述べるような極めて不可解な形で橋本先生宛に送り返されている。
2005年、92歳になられた橋本先生は自分の蔵書類を失うのは自らの不徳とするしかないが、人から借りたものを返してもらわないと死んでも死にきれん、と筆者に訴えた。
以上が、私がNHKに本件を訴えるようになった経緯である。

以下、2点の問題を挙げる。

1.担当のNは1997年の資料持ち出し時に、在日本のさる女性のブラジル移民研究者に頼まれた、として、番組とは無関係な上塚周平関係の資料を持ち出している。
この資料は2005年のニッケイ新聞による告発を経て、ようやく橋本先生のもとに帰ったとされているが、先生は「自分の本じゃない。見れば分かる。古本屋ででも買ったものだろう」としている。
オリジナルのありかも興味深いところである。
さて、NHKでは番組取材に当たって、スタッフが部外者の依頼を受けて番組とは無関係の資料を被取材者から持ち出すこと、さらに外部に横流しをしてしかも返却に応じないことが許されているのだろうか。
NHKではこうした自体が発覚した場合、処罰の対象になるのだろうか。
本件の場合はどうなのか。

2.在日本のジャーナリストの抗議の後に送り返されてきた一部の資料は、NHKからではなく、植物関係の出版で知られる日本の出版社から送り返されている。
なぜ番組で使用することを前提としてNHKに貸し出した資料が、無関係の出版社に所有者に無断でわたったのか。
NHKでは、こうした取材を口実に持ち出した資料の外部への無断横流しは許されているのだろうか。
あるいは発覚した場合、処罰の対象になりうるのだろうか。
本件の場合はどうなのか。

以上を公開質問として、NHK会長宛に送付することとする。
(ブラジル時間2007年1月22日送付済み)

「『失敗を隠してしまいたい』という気持ちが生まれるのもまた自然なことです。この気持ちが強くなり、失敗から学ぶことを怠れば、同じ失敗を繰り返すことになります。」
(NHK「知るを楽しむ」『だから失敗は起こる』畑村洋太郎、2006年より)


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.