移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2005年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2006/01/03)
Vol.010 「岡村イズム宣言!ドキュメンタリーは人生だ。」 岡村淳さん

Vol.010 「岡村イズム宣言!ドキュメンタリーは人生だ。」 岡村淳さん (2005/10/31) 放送: 2005年10月29日(土) ブラジル時間 12:40 ~ 14:30 (1:50)
出演: 岡村 淳(ゲスト)、松本浩治(レギュラーゲスト)、大久保純子、櫻田博

記録映像作家の岡村さんは、ご自身の公開日記(10/23記 いま、僕にとってのドキュメンタリー)の中で「記録者と被写体の魂のぶつかり合いと融合の高まりから人知を超える展開が生まれる」と書かれている。
この日いったいどんな魂がぶつかり合ってしまったのだろうか?
今まで放送してきた中で最大のトラブル、インターネットに接続できないという事故が発生してしまった。放送開始予定時刻から2時間を経過して、もはやこれまでとマイクなど片付け終わったところで接続回復。こちらは夏時間、日本は土曜日の夜11時40分「え~い、行ってまえ!」と常連さんにメールでお知らせ、バタバタと混乱のまま生放送に突入した。
ところが、放送が終了して不思議な高揚感があった。期せずして「奇跡を呼び起こすぐらいの意気込みで被写体に真摯に立ち向かう」という岡村イズムが乗り移ってしまったような気分であった。エンディングのテーマ曲を流し始めたとき思わず皆で拍手。(不覚にもマイクの音量を落とし忘れたのでオフレコ部分まで記録に残っている)この高揚感、はたして記録としては残せるものであろうか?新たなクエスチョンマークの発生を感じつつも、すべての聴視者の皆さん、出演者の皆さん、トラブルを超えるいい放送が出来ました。本当にありがとうございました。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20051029.mp3

関連サイト:
http://www.100nen.com.br/ja/okajun/


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.